「拉致問題を考えるみんなの集い」を開催しました。

平成19年12月16日(日)午後、東京都港区のニッショーホールにおいて、北朝鮮人権侵害問題啓発週間(12月10~16日)中の政府主催行事として、「拉致問題を考えるみんなの集い」が開催され、約500人が参加しました。  

この「みんなの集い」では、 
○ 町村官房長官兼拉致問題担当大臣によるあいさつ 
○ 映画「めぐみ~引き裂かれた家族の30年」の上映 
○ 横田滋さん・早紀江さん御夫妻と「ベルサイユのばら」の作者で声楽家の池田理代子さんとの対談 
○ 歌手の南こうせつさん、池田理代子さんと「真夏に第九を歌う会」合唱団によるコンサート 
が行われました。   

このうち、対談では、各出演者が、「拉致は理不尽。この問題を忘れてはならない。」(池田理代子さん)、「問題解決には世論の力が必要。関心を持ち続けて。」(横田滋さん)、「拉致は誰にでも起き得たこと。『かわいそう。』ではなく、みんなが親の心を持って本気で動かなければ、問題は解決しない。どうぞ助けてください。」(横田早紀江さん)と呼びかけました。 

また、南こうせつさんは、「神田川」や拉致被害者への励ましの気持ちを込めた「国境の風」などの歌を披露し、「みんなが想いを一つにすることが大事。日本がんばれ!」と訴えました。

当日の様子は、こちら外部リンクをご覧ください。

写真1
【横田めぐみさんのスライド写真を見ながら対談する(右から)横田早紀江さん、横田滋さん、池田理代子さん、関谷亜矢子さん(フリーアナウンサー、司会)】
写真2
【「ふるさと」を合唱する(前列右から)南こうせつさん、池田理代子さん、拉致被害者家族の浜本七郎さん、横田滋さん、横田早紀江さん、横田哲也さん、平野フミ子さん、斎藤文代さん】

(参考)

写真:池田理代子

池田理代子さんは、拉致被害者家族のため、及び世界の恵まれない子供たちの教育のためのチャリティ・コンサートを「真夏に第九を歌う会」合唱団の皆さんと共に開催したり、コンサート会場ロビーで「めぐみちゃんの写真展」を行ったりするなど、拉致問題の解決のために積極的に活動されています。

写真:南こうせつ

南こうせつさんは、拉致問題に早くから関心を持ち、ご自身が作曲した「国境の風」という曲を発表し、帰国した蓮池さん御夫妻を励まされたり、横田めぐみさんを支援するノエル・ポール・ストゥーキー氏のコンサートにゲスト出演したりするなど、歌で拉致問題にかける想いを表現されています。

  • アニメ「めぐみ」
  • 拉致問題担当大臣の発言集
  • よくわかる拉致問題
  • 関連情報募集
  • 拉致問題啓発資料
  • 北朝鮮向けラジオ放送「ふるさとの風」
  • 過去の拉致問題対策本部
  • 行事関係
adobe reader

adobe readerダウンロード
PDF形式のファイルはadobe readerが必要です。