古屋拉致問題担当大臣が石川県を訪問しました。

古屋拉致問題担当大臣が石川県を訪問し、集会に出席するとともに、拉致現場等を視察しました。

古屋拉致問題担当大臣は、6月22日、石川県金沢市において開催された石川県議会拉致議連等(注)の主催による「すべての拉致被害者を救出するぞ!石川集会」に出席し、挨拶しました。

(注)主催団体
「北朝鮮拉致問題解決促進石川県議会議員連盟(石川県議会拉致議連)」
「北朝鮮に拉致された日本人を救出する石川県民の会(救う会石川)」
「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会全国協議会)」
「家族会(北朝鮮による拉致被害者家族連絡会)」

集会後、志賀町を訪問し、北朝鮮による拉致の可能性を排除できない事案、いわゆる「寺越事案」の現場周辺を視察しました。

さらに、翌23日、能登町において、昭和52年9月19日に発生した久米裕さんの拉致容疑事案(宇出津事件)の拉致現場を視察しました。

  • アニメ「めぐみ」
  • 拉致問題担当大臣の発言集
  • よくわかる拉致問題
  • 関連情報募集
  • 拉致問題啓発資料
  • 北朝鮮向けラジオ放送「ふるさとの風」
  • 過去の拉致問題対策本部
  • 行事関係
adobe reader

adobe readerダウンロード
PDF形式のファイルはadobe readerが必要です。