• トップページ>
  • ニュース>
  • 政府主催「ふるさとの風コンサート~『北朝鮮拉致被害者』救出を誓う音楽の集い~」を開催しました。

政府主催「ふるさとの風コンサート~『北朝鮮拉致被害者』救出を誓う音楽の集い~」を開催しました。

平成25年12月16日(月)、東京都中央区の第一生命ホールにおいて、政府主催「ふるさとの風コンサート~『北朝鮮拉致被害者』救出を誓う音楽の集い~」を開催しました。このコンサートは、北朝鮮人権侵害問題啓発週間(12月10日~16日)の関連行事として開催したものです。

コンサートでは、安倍内閣総理大臣、古屋拉致問題担当大臣、飯塚拉致被害者家族連絡会代表の挨拶に続き、第一部では、東京藝術大学チェンバーオーケストラとオーボエ奏者の古部賢一さんによるモーツァルト作曲「オーボエ協奏曲ハ長調」などの演奏、第二部では、海上自衛隊東京音楽隊と同音楽隊所属の三宅由佳莉さんの独唱による「祈り~a prayer」や、ピアニストの熊本マリさんの演奏を交えたガ-シュイン作曲の「ラプソディ・イン・ブルー」などの演奏が披露されました。

また、古屋大臣と、7月に作成した新しいポスターのモデルを務めていただいた俳優の津川雅彦さんの対談も行われ、津川さんから自らの実体験に基づく拉致に対する思いを語って頂き「国民が一丸となって被害者救出のために声を上げよう」というメッセージがありました。

最後に、出演者及び参加者全員で「ふるさと」の合唱を行って、コンサートを終了しました。

なお、コンサートの模様はインターネットで全国にライブ配信されるとともに、全国27会場でパブリックビューイングも実施され、全国で多くの国民の皆さんがコンサートを通じて拉致問題解決に向けての思いをひとつにしました。

  • アニメ「めぐみ」
  • 拉致問題担当大臣の発言集
  • よくわかる拉致問題
  • 関連情報募集
  • 拉致問題啓発資料
  • 北朝鮮向けラジオ放送「ふるさとの風」
  • 過去の拉致問題対策本部
  • 行事関係
adobe reader

adobe readerダウンロード
PDF形式のファイルはadobe readerが必要です。