• トップページ>
  • 最新ニュース>
  • 「北朝鮮による国家犯罪・拉致~ある家族のアルバム」=日本と国際社会に何が求められているのか?=を開催しました。

関係省庁拉致問題連絡会(支援幹事会)(第4回)を開催しました。

7月25日、内閣府本府において、拉致被害者等に対する今後の支援策の在り方等を検討するため、第4回の関係省庁拉致問題連絡会(支援幹事会)を開催しました。
会議では、議長である古屋拉致問題担当大臣の挨拶のあと、拉致被害者等への今後の支援策の在り方についての中間報告案について審議を行いました。

【支援幹事会の構成員】
議長  拉致問題担当大臣
副議長 内閣官房拉致問題対策本部事務局長
構成員 内閣官房内閣審議官(内閣官房副長官補付)
警察庁警備局外事情報部長
法務省大臣官房長
総務省大臣官房総括審議官
外務省アジア大洋州局長
文部科学省国際統括官
厚生労働省大臣官房総括審議官
国土交通省大臣官房危機管理・運輸安全政策審議官

【公表資料】
拉致被害者本人・家族が帰国する場合の支援策の一覧について[PDFデータ]