政府主催「国際シンポジウム-拉致問題解決に向けた国際連携-」を開催しました。

 平成27年12月12日(土)、東京・内幸町イイノホールにて、政府主催「国際シンポジウム-拉致問題解決に向けた国際連携-」を開催しました。

 本シンポジウムは、毎年12月10日から16日の「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」の行事の一環として、国連関係者、関係国政府高官、有識者等を招き、国際社会との連携を通じた拉致問題解決の方途をテーマとして開催されたものです。
 冒頭、加藤拉致問題担当大臣より基調講演を行い、近年の拉致問題をはじめとする北朝鮮の人権状況の改善に向けた国際的な機運の高まりを紹介するとともに、拉致問題の解決に向けた日本政府の基本姿勢について説明しました。
 これに続いて、パネルディスカッションでは、国連関係者、関係国政府高官、拉致被害者御家族や有識者にパネリストとしてご登壇いただき、「拉致被害者の一日も早い帰国の実現に向け北朝鮮から具体的な動きを引き出す上で、どのような方法が効果的か」との観点から議論を行いました。
 パネルディスカッションの後、「ふるさとの風」ミニコンサートとして、「『あなたを忘れない』を歌う会」の皆様による「旅愁」「あなたを忘れない」の合唱が続き、最後には、拉致被害者及び北朝鮮による拉致の可能性を排除できない行方不明者の御家族や加藤拉致問題担当大臣も登壇して会場の参加者全員による「ふるさと」の合唱が行われました。

 本シンポジウムの模様は、短波ラジオにのせ、北朝鮮に向けてライブ放送されました。


 第1部 国際シンポジウム
 〇基本講演:加藤勝信 拉致問題担当大臣
 〇パネルディスカッション
   パネリスト:
    マイケル・カービー 元北朝鮮における人権に関する国連調査委員会(COI)委員長
     (ビデオメッセージ)
    マルズキ・ダルスマン 国連北朝鮮人権状況特別報告者(ビデオメッセージ)
    シーナ・ポールセン 国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)ソウル事務所長
    飯塚繁雄 北朝鮮による拉致被害者家族連絡会代表
    ヴィオレル・イスティチョアイア=ブドゥラ 駐日欧州連合大使
    李政勲(イ・ジョンフン) 韓国外交部人権大使
    ソドブジャムツ・フレルバータル 駐日モンゴル大使
    ロバート・ラプソン 駐日米国大使館政務担当公使
    チューチャイ・チャイウィウィット タイ外務省東アジア局第4課長
    西岡力 北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会会長
 第2部 「ふるさとの風」ミニコンサート
 〇「『あなたを忘れない』を歌う会」による「旅愁」「あなたを忘れない」の合唱
 〇参加者全員での「ふるさと」の合唱

加藤拉致問題担当大臣 基調講演(PDF)

     
    
 (加藤拉致問題担当大臣による基調講演)    (パネルディスカッションの模様)

   
(「『あなたを忘れない』を歌う会」による合唱)(参加者全員による「ふるさと」の合唱)

  • アニメ「めぐみ」
  • 拉致問題担当大臣の発言集
  • よくわかる拉致問題
  • 関連情報募集
  • 拉致問題啓発資料
  • 北朝鮮向けラジオ放送「ふるさとの風」
  • 過去の拉致問題対策本部
  • 行事関係
adobe reader

adobe readerダウンロード
PDF形式のファイルはadobe readerが必要です。