• トップページ>
  • 最新ニュース>
  • 加藤拉致問題担当大臣が、ニューヨークの国連本部にて、「北朝鮮の人権状況に関するパネル・ディスカッション」に出席し、潘基文(パン・ギムン)国連事務総長を表敬しました。

加藤拉致問題担当大臣が、ニューヨークの国連本部にて、「北朝鮮の人権状況に関するパネル・ディスカッション」に出席し、潘基文(パン・ギムン)国連事務総長を表敬しました。

 12月1日(木)、加藤拉致問題担当大臣は、米国ニューヨークの国連本部において、オーストラリア、EU、日本、韓国及び米国との共催により開催されたパネル・ディスカッション「北朝鮮の人権状況-現状及び国際社会の取組」に日本政府を代表して出席しました。
 加藤大臣は、拉致問題の深刻さや拉致被害者及びその御家族の高齢化が進む中で、拉致被害者の救出が切迫した課題であることを国際社会に訴えました。
 パネル・ディスカッションには、国連関係者、米国及び韓国の担当大使、並びにNGOの代表が参加し、拉致問題を含めた北朝鮮による人権侵害の実態に加え、北朝鮮の人権侵害に対する説明責任を求める方策を含めた、国連の北朝鮮の人権問題への取組みと連携した具体的戦略につき活発に議論を行いました。

 また、12月2日(金)、加藤大臣は潘基文・国連事務総長を表敬し、拉致問題を含む北朝鮮の人権状況、核、ミサイルといった北朝鮮をめぐる諸懸案の包括的な解決に向けて有意義な意見交換を行うとともに、拉致問題の解決に向けた日本政府の取組に対し、理解と支持を得ました。

 今回の出張の成果を踏まえ、全ての拉致被害者の一日も早い帰国の実現に向けて、国際社会とも一層緊密に連携を図り、全力を尽くします。

 1日に行われたパネル・ディスカッションの詳細については、外務省ホームページをご覧ください。

    
                
    
  • アニメ「めぐみ」
  • 拉致問題担当大臣の発言集
  • よくわかる拉致問題
  • 関連情報募集
  • 拉致問題啓発資料
  • 北朝鮮向けラジオ放送「ふるさとの風」
  • 過去の拉致問題対策本部
  • 行事関係
adobe reader

adobe readerダウンロード
PDF形式のファイルはadobe readerが必要です。