「拉致問題に関する有識者との懇談会」を開催しました。

 11月16日(木)、都内のホテルにて、全ての拉致被害者の一日も早い帰国の実現に資するあらゆる方策を検討するため、有識者の方々の知見を得て、政府の政策立案に活用することを目的として、「拉致問題に関する有識者との懇談会」を開催しました。

出席者
(1)政 府 :加藤勝信  拉致問題担当大臣(座長)
        石川正一郎 拉致問題対策本部事務局長
        金杉憲治  外務省アジア大洋州局長(併任内閣官房内閣審議官)、他
 
(2)学識者 :古森義久  麗澤大学特別教授
        武貞秀士  拓殖大学大学院特任教授
        伊豆見元  東京国際大学教授

(3)支援団体:島田洋一  「救う会」副会長(福井県立大学教授)  
        荒木和博  「調査会」代表(拓殖大学教授)  
        川人 博  「法律家の会」幹事(東京大学講師)

(4)御家族 :横田拓也  「家族会」事務局長
        飯塚耕一郎 「家族会」事務局次長
 
  • よくわかる拉致問題
  • 関連情報募集
  • 拉致問題啓発資料
  • 北朝鮮向けラジオ放送「ふるさとの風」
  • 過去の拉致問題対策本部
  • 行事関係
adobe reader

adobe readerダウンロード
PDF形式のファイルはadobe readerが必要です。