• トップページ>
  • ニュース>
  • 安倍総理大臣、「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」(家族会)の御家族等と面会しました。

安倍総理大臣、「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」(家族会)の御家族等と面会しました。

 6月14日(木)、安倍総理大臣は、総理官邸にて、「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」(家族会)の御家族等と面会しました。

 冒頭、安倍総理大臣から「米朝首脳会談が行われ(中略)、明確に、重要課題である大切な拉致問題について、金正恩委員長に提起しましたという話をいただいた。」「米朝首脳会談を機会として、後は正に日本の問題として、日本が北朝鮮に直接向き合い、この問題を解決して行く決意でございます。」との挨拶がありました。

 これを受け、家族会の飯塚繁雄代表から、「総理におかれましては焦らず、過去の轍を踏まずに、北朝鮮が拉致被害者を帰国させるという約束の下での確認のための訪朝としてもらえば良いと思います。」「総理のご判断によって問題解決を是非お願いしたい。」との発言がありました。

 続いて横田早紀江さんから、「米朝首脳会談が行われたことは大きな動きであると思います。無事帰ってくれば私たちは非常に喜ばしいです。」との発言がありました。

  

  


              
  • アニメ「めぐみ」
  • 拉致問題担当大臣の発言集
  • よくわかる拉致問題
  • 関連情報募集
  • 拉致問題啓発資料
  • 北朝鮮向けラジオ放送「ふるさとの風」
  • 過去の拉致問題対策本部
  • 行事関係
adobe reader

adobe readerダウンロード
PDF形式のファイルはadobe readerが必要です。