• トップページ>
  • ニュース>
  • 12月12日(土)北朝鮮人権侵害問題啓発週間関連行事として政府主催国際シンポジウム~グローバルな課題としての拉致問題の解決に向けた国際連携~を開催します。

12月12日(土)北朝鮮人権侵害問題啓発週間関連行事として政府主催国際シンポジウム~グローバルな課題としての拉致問題の解決に向けた国際連携~を開催します。

          ~毎年12月10日から16日までは「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」です。~


 北朝鮮による拉致問題は、我が国の主権及び国民の生命と安全に関わる重大な問題であり、日本政府は、全ての拉致被害者の1日も早い帰国を実現すべく、政府の総力を挙げて最大限の努力を続けております。北朝鮮を巡る情勢が注目される中、拉致問題の解決のためには、米国を始めとする関係国と緊密に連携していくことが重要です。
 こうした背景の下、拉致問題の実態と御家族の苦悩について、日本のみならず、諸外国の被害者御家族の方々の「生の声」に耳を傾けると共に、日本、米国、韓国の北朝鮮専門家をお招きし、グローバルな課題としての拉致問題の解決に向けた国際連携のあり方について議論していただく機会を設けました。
 今回のシンポジウムを通じて、皆様の声がより一層大きくなることは、拉致問題の解決に向けた力強い後押しとなります。日本政府としては、全ての拉致被害者の1日も早い帰国実現に向け、あらゆるチャンスを逃さないとの決意で、全力で取り組んでまいります。

 是非とも皆様方の御参加をお待ちしております。
 ※新型コロナウイルスの感染拡大を受け、出演者の一部を事前収録もしくはリモート出演とさせていただきます。

 国際シンポジウムの概要は以下のとおりです。
                チラシはこちら
                ポスターはこちら

 以下の申込専用特設ウェブサイトから事前申込みができます(会場参加/Web視聴、事前申込制・先着順)
 申込専用特設ウェブサイト:https://www.abductees2020.jp/外部リンク

 ※申込受付は、先着順とし、定員に達し次第締め切りますので、御了承ください。
  定員については、新型コロナウイルス感染症に関する今後の状況等により決定いたします。
 ※事前に「入場整理券」をお送りしますので、当日受付にお持ちください。
 ※申込時に記載いただきました住所・氏名・連絡先等につきましては、本会場から新型コロナウイルスの感染者が発生した場合、
  必要に応じて、保健所等の公的機関へ提供させていただきます。
 ※状況によっては、会場での参加は中止し、Web視聴のみとさせていただくこともあります。
 
開催日
  令和2年12月12日(土)
開演時間
  14:00~16:00
  (開場時間12:30)
主催
  政府拉致問題対策本部、法務省
後援
  外務省、文部科学省
場所
  イイノホール
  (東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング4F)
入場料
  無料(※ただし事前申込が必要(先着順))

プログラム(予定)
  12:30 開場
  14:00 開会
    第1部 北朝鮮人権侵害問題啓発週間作文コンクール表彰式
    第2部 国際シンポジウム
     (1)主催者挨拶(加藤勝信 内閣官房長官兼拉致問題担当大臣)
     (2)拉致事案等の被害者御家族からの「生の声」の訴え
      <登壇者>
       横田拓也氏(北朝鮮による拉致被害者家族連絡会事務局長)
       飯塚耕一郎氏(北朝鮮による拉致被害者家族連絡会事務局次長)
       今井英輝氏(特定失踪者家族会会長)
       フレッド・ワームビア氏/シンディ・ワームビア氏(オットー・ワームビア氏ご両親)
       ガブリエル・ブンベア 氏(ドイナ・ブンベア氏弟)
       ファン・インチョル 氏(1969年KAL機拉致被害者家族会代表)
   (3)パネル・ディスカッション
      <モデレーター>
       星野俊也氏(大阪大学大学院国際公共政策研究科 教授)
      <パネリスト>
       李相哲氏(龍谷大学 教授)
       エバンズ・リビア氏(元米国務次官補代理)
       チェ・ソンホ氏(中央大学校 教授/元韓国外交通商部人権大使)
16:00 閉会

新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドラインについて

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、主に以下のガイドラインに従った取り組みを行っております。
 ○事業者向け東京都感染拡大防止ガイドライン~「新しい日常」の定着に向けて~(第3.1版)(令和2年9月3日、東京都)外部リンク
 ○劇場、音楽堂等における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン改定版(令和2年9月18日、公益社団法人全国公立文化施設協会)外部リンク